ミノキシジルって副作用がある?アレルギーが起こったりするの?

d11
ミノキシジルはAGAなど薄毛に対して効果のある薬剤になります。ここではミノキシジルの副作用について考えてみましょう。

【ミノキシジルでも副作用は起こる?】

d9
ミノキシジルはAGA治療薬として有名なプロペシア、ザガーロとは異なる作用を示すため、併用することで発毛効果を高める働きがあります。ミノキシジルは血管を拡張させることで、頭皮の血行を促進させて頭皮環境を改善します。さらに毛母細胞を活性化させることで発毛効果を高めていくのです。ミノキシジルはもともと、血管拡張薬として使用されてきたので当然副作用のリスクはあります。

【ミノキシジルはどのような副作用を起こす?】

ミノキシジルは先ほどお話ししたとおり、血管を拡張させる働きがあるので心臓や血液に負担がかかり、低血圧症状を引きおこしてしまう場合があります。さらに必要以上に毛が濃くなってしまう多毛症と呼ばれる副作用を発現する場合もあります。さらに不整脈、手足、顔のしびれ、性欲減退、倦怠感、頭痛、眠気、ニキビ、肌荒れなども起こる可能性があります。
d10
その中でもミノキシジルで最も多い副作用なのが、頭皮のかゆみやアレルギー症状です。副作用としての発現頻度はプロペシアやザガーロに比べるとそれほど高くはありません。しかし副作用が起こる可能性は0ではありませんので注意して使用する必要があるでしょう。
また授乳中の女性がミノキシジルを使用すると、母乳に成分が移行する可能性があるので絶対に使用してはいけません。

【湿疹や肌荒れがある場合にはミノキシジルの使用はおすすめできない】

ミノキシジルを外用薬として使用する場合、頭皮に直接塗り込むことになります。そのため肌の弱い人や、肌荒れを起こしている人が使用すると頭皮のかゆみや痛み、アレルギー症状が起こる可能性があります。さらに血行がよくなることで皮脂分泌が増加し、ニキビができやすくなることもあります。敏感肌の方などはミノキシジル配合の外用薬を使用する場合、はじめにパッチテストをしてから使用することをおすすめします。
d12