月別アーカイブ: 2016年7月

ザガーロも副作用でED(性機能障害)になる?プロペシアと比べて確率は高い?

2016年6月に発売されたばかりの新薬ザガーロはプロペシアに代わるAGA治療薬として注目を集めています。効果はもちろんですが、副作用に関して気になりますね。そこでここではザガーロの副作用について考えてみましょう。またプロペシアと比べて副作用の発現率は高いのか、高くないのかについても比較してみます。
d16

【ザガーロの副作用】

ザガーロの副作用には勃起不全、リピドー減退、精液量減少などが世界的には認められており、日本人に処方された場合の副作用報告症例としてはリピドー減退、勃起不全、射精障害などがあります。副作用の内容としては
プロぺシアと同様、性機能障害に関わるものが多いです。
d17

【ザガーロの副作用の発現頻度はどれくらいなの?】

次にザガーロの副作用発現頻度についてです。ザガーロを投与された総症例557例(日本人120例を含んでいます)においては95例において副作用が起こっています。つまり17.1%の確率で何等かの副作用が起きてしまっているのです。この数字は高いと言わざるを得ません。
d18
一方プロペシアは調査症例276例中、副作用が発現したのは12例ですので4.3%の割合になります。この数字を比較すると明らかにザガーロの方がプロぺシアに比べて副作用が発現しやすいのがわかりますね。
ザガーロでは勃起不全が4.3%、リピドー減退が3.9%、精液量減少が1.3 %の割合で副作用として報告されています。また日本人120例中で調査をしたところ、14例(11.7%)で副作用が起きております。その中身はリピドー減退5.8%、勃起不全5.0%、射精障害1.7%になります。

【ザガーロの方がプロぺシアよりも副作用が起こりやすい】

d19
副作用の発現頻度を比較してみると、ザガーロの方がプロぺシアよりも副作用が起こりやすいのがわかります。特にED(性機能障害)においては、プロぺシアが0.7%であるのに対して、ザガーロは5.0%となっています。効果に関しては5α還元酵素のⅠ型、Ⅱ型どちらにも阻害作用を得られるザガーロの方が高い効果が期待できますが、副作用のことを考えると安全性が高いのはプロペシアと言えるでしょう。

育毛剤が頭皮や身体にいい理由。身体に悪い成分は入っていません!

育毛剤=副作用が起こると考える方がいますが、そんなことはありません。頭皮から体に全く影響を及ぼさない育毛剤もあるのです。ここでは育毛剤が頭皮や身体によい理由について考えてみましょう。

【副作用が起こらない育毛剤もある】

AGA治療薬として有名な、プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルは非常に高い発毛効果が期待できますが、その反面副作用が起こる可能性がゼロではありません。
d13
しかし国内での発売が承認されている薬剤ですのでそれほど危険性が高いわけではなく、ほとんどの方が安全に副作用を起こさずに服用されています。また育毛剤の中には副作用が全く起こらない安全性の高い商品も数多く登場しています。

【天然由来の植物成分配合の育毛剤は副作用が起こりにくい】

育毛剤を使用して副作用が起こるか?起こらないかは、配合されている有効成分によって変わってきます。天然由来の植物成分だけを配合した育毛剤であれば、頭皮への負担も少なく副作用が起こる可能性は非常に少ないです。またパラベンや着色料、香料などを使用していないオーガニック系育毛剤であれば肌荒れを起こす心配もなく安心して使用することができるでしょう。
d15
プロペシアやザガーロなどは内服薬になりますので頭皮に塗って使用する育毛剤に比べるとどうしても副作用が起こりやすくなっています。安全性を重視して選ぶのであれば余計な化学成分を配合していないオーガニック系の育毛剤の方がよいでしょう。

【長期的に使用するからこそ安全性の高い育毛剤を選ぶべきである】

d14
育毛剤を使用して育毛効果を得るためには、最低でも半年以上の継続使用が必要になります。長期的に使用しなければ頭皮環境を改善することができませんし、毛母細胞を活性化させることもできません。つまり長い間使っても安全性に問題のない育毛剤を使用する必要があるのです。天然由来の成分だけを配合した育毛剤であれば、体に悪い成分は入っていないので安心して使用できますね。

ミノキシジルって副作用がある?アレルギーが起こったりするの?

d11
ミノキシジルはAGAなど薄毛に対して効果のある薬剤になります。ここではミノキシジルの副作用について考えてみましょう。

【ミノキシジルでも副作用は起こる?】

d9
ミノキシジルはAGA治療薬として有名なプロペシア、ザガーロとは異なる作用を示すため、併用することで発毛効果を高める働きがあります。ミノキシジルは血管を拡張させることで、頭皮の血行を促進させて頭皮環境を改善します。さらに毛母細胞を活性化させることで発毛効果を高めていくのです。ミノキシジルはもともと、血管拡張薬として使用されてきたので当然副作用のリスクはあります。

【ミノキシジルはどのような副作用を起こす?】

ミノキシジルは先ほどお話ししたとおり、血管を拡張させる働きがあるので心臓や血液に負担がかかり、低血圧症状を引きおこしてしまう場合があります。さらに必要以上に毛が濃くなってしまう多毛症と呼ばれる副作用を発現する場合もあります。さらに不整脈、手足、顔のしびれ、性欲減退、倦怠感、頭痛、眠気、ニキビ、肌荒れなども起こる可能性があります。
d10
その中でもミノキシジルで最も多い副作用なのが、頭皮のかゆみやアレルギー症状です。副作用としての発現頻度はプロペシアやザガーロに比べるとそれほど高くはありません。しかし副作用が起こる可能性は0ではありませんので注意して使用する必要があるでしょう。
また授乳中の女性がミノキシジルを使用すると、母乳に成分が移行する可能性があるので絶対に使用してはいけません。

【湿疹や肌荒れがある場合にはミノキシジルの使用はおすすめできない】

ミノキシジルを外用薬として使用する場合、頭皮に直接塗り込むことになります。そのため肌の弱い人や、肌荒れを起こしている人が使用すると頭皮のかゆみや痛み、アレルギー症状が起こる可能性があります。さらに血行がよくなることで皮脂分泌が増加し、ニキビができやすくなることもあります。敏感肌の方などはミノキシジル配合の外用薬を使用する場合、はじめにパッチテストをしてから使用することをおすすめします。
d12